ドリップバッグのこと

店内で自家焙煎した新鮮な珈琲豆を使用し、
一つひとつ手作業でドリップバッグの袋詰めを行っておりますので、より新鮮な状態でお客様にお届けすることができます。

飲みやすい3種類のブレンド+カフェインレスコーヒーのドリップバッグをご用意しています。
珈琲豆はカフェの店内で提供しているものを使用しています。

淹れ方

淹れ方 図解 その1

左右の切り込みに沿って袋を開け、中に入っているドリップバッグを取り出します。

淹れ方 図解 その2

バッグ上部の点線に沿って封を開け、両サイドの引き手を持ってお湯の注ぎ口を広げてください。

淹れ方 図解 その3

フックの上下を折ってカップのフチに引掛け固定します。

淹れ方 図解 その4

はじめに粉が浸る量の熱湯を注ぎ30秒程蒸らしたあと、2〜3回に分けてお湯を注げば出来上がりです。

スタッフおすすめ
アイスカフェ・オ・レ
の作り方

①カップ半分くらいの珈琲を用意します
※甘くする場合は温かいうちに砂糖を入れて下さい
②別のカップ(透明ガラスがオススメ!)に氷と牛乳を入れて用意します
③①で作った珈琲を②のカップに注いで完成!
※このとき珈琲を氷にあてながらゆっくり注ぐと牛乳と珈琲が2層に分かれて見た目にも綺麗です♪

オリジナルドリップバッグ

会社ロゴや団体ロゴなど、ご希望の情報を記載した
オリジナルパッケージのドリップバッグが作れます。

>>>オリジナルドリップバッグのご案内

オリジナル・ドリップバッグ 写真

若手イラストレーターとの
コラボパッケージ

teraoka natsumi

1993年6月15日広島生まれ。京都精華大学デザイン学部卒業。フリーランスのイラストレーター。自らが描く柔らかい線が特徴。「ラブリーサマーちゃん」や「ねごと」等、音楽アーティストのCDジャケットやグッズ、フライヤー、MVを制作。

Twitter: @teraoka_natsumi
HP: teraoka natsumi

松森 モヘー

1988年大阪に生まれる。2011年上京、ENBUゼミナール卒業後、2012年『中野坂上デーモンズの憂鬱』を旗揚げ。作・演出・役者として多くの作品を手掛ける。その他、音楽活動やイベントの主催、イラストを描いたりしている。

Twitter: @mohe_demons88
HP: 中野坂上デーモンズの憂鬱

柳楽 さくら

1989年岡山出身。花園樹斎、花と宝石等のHP、リーフレット、パッケージイラストを手掛け、漫画家「ともさくら」として『潜水士とクラゲ』を出版している。2017年9月から「柳楽さくら」として『さよならストレンジャー』を連載中。

Pixivコミック: さよならストレンジャー